運動不足が猫の健康に悪影響を与える

普段から運動をさせない飼主さんも少なくありません。基本的に街中で散歩しているペットは犬が多く、猫と一緒に散歩に出かける飼主さんは少ないからです。もし猫が運動不足に陥るとどのような健康的な影響が生じるのでしょうか。例えば肥満です。肥満とは周知の通り標準の体重を上回ってしまうことです。肥満が起こればその分健康に被害を与える可能性があります。

例えば肥満になれば糖尿病のリスクも増加します。また、心臓や肝臓にも負担をかけることになるため、与える影響を大きくなります。肥満になれば内蔵だけでなく関節にも悪影響を与えます。関節炎という病気がありますが、加齢の他にも肥満が原因で関節がその体重を支えることができずに軟骨がすり減る可能性も高くなります。もし関節炎になれば健康的な猫よりも動くことができないので、肥満が加速する可能性もあります。

運動不足は肥満へ繋がるだけでなく猫にストレスを与える可能性もあります。人間でもストレスが溜まり過ぎることで精神的な負担を負う人も多くいますから、猫においてもストレスが原因で病気に発展する可能性もあります。もし健康的な生活をして欲しいと考える飼主さんは猫が運動ができる環境をつくりましょう。

 

ペットフードも猫の健康に影響を与える

食事から栄養素を体の中に吸収することになります。そのため、人間だけでなく猫にとっても食事は健康に暮らすために重要な要素の一つです。基本的に猫の食事はペットフードです。現在ではペットフードは様々な場所で売られています。例えば通販サイトやペット専門ショップなどです。また、ペットフードの種類に関してもとても多くなっています。そのため、もし間違えたペットフードを選択すると長期間それを食べ続けることで健康に影響を及ぼす可能性があります。

例えば穀物が使用されているタイプのペットフードです。猫の中には穀物に対してアレルギー反応を引き起こす可能性も高く、実際にアレルギーに対して悩みを抱いている飼主さんは少なくありません。もしアレルギーなりその症状が重度であれば下痢や嘔吐などの原因になります。できるだけ穀物不使用のキャットフードを選ぶことにしましょう。

またペットフードは人間が食べる食品のように基準が高くはありません。そのため、ペットフードには添加物が含まれているタイプの商品もあります。例えば添加物には着色料や酸化防止剤などが挙げられます。この添加物を長い期間摂取し続けるとその分、体に与える影響が大きいため無添加のものを避けて購入をすることで猫の健康的な生活をサポートできる可能性があります。

猫の健康について

日本で比較的ペットとして飼われている動物は猫や犬です。従来においては家の外の庭で犬の様のハウスを設けて外犬として飼う人や猫においては野良猫も数多くいました。そのため、人間とは完全に別の存在で飼われることが多かったです。一方で今では家族同然で猫を購入する人がとても多くなっています。街中のペットショップでは猫が販売されており、一緒に猫と生活をするためにペットショップを利用する人も多いです。一般的に猫は散歩に行く手間が少ないとされています。そのため、忙しい飼主さんでも一緒に生活がしやすくなっています。愛猫家の中には複数の猫を家族同然に愛し、生活をしている方も存在しています。

このように家族同然に飼われるペットが多いので、その分健康に関して気遣っている飼主さんも少なくありません。基本的に人間においてはどこか痛みがあればそれを母親などに訴えることができます。そして痛みの状態が酷ければ各地域には専門のクリニックがあるので、そこを利用して病気の内容にもよりもますが治療をすれば改善できる可能性があります。一方で猫においては動物病院が各地にありますが、人間の医療よりも発達しておらず、更に喋ることができないので健康に支障が生じた時にどのあたりが悪いのか突き止めるまでに時間がかかります。

そのため、猫に健康的な生活をさせるためにはどのように日頃から努力をすればいいの知りたい方もいるでしょう。今回は猫の健康について紹介します。