運動不足が猫の健康に悪影響を与える

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

普段から運動をさせない飼主さんも少なくありません。基本的に街中で散歩しているペットは犬が多く、猫と一緒に散歩に出かける飼主さんは少ないからです。もし猫が運動不足に陥るとどのような健康的な影響が生じるのでしょうか。例えば肥満です。肥満とは周知の通り標準の体重を上回ってしまうことです。肥満が起こればその分健康に被害を与える可能性があります。

例えば肥満になれば糖尿病のリスクも増加します。また、心臓や肝臓にも負担をかけることになるため、与える影響を大きくなります。肥満になれば内蔵だけでなく関節にも悪影響を与えます。関節炎という病気がありますが、加齢の他にも肥満が原因で関節がその体重を支えることができずに軟骨がすり減る可能性も高くなります。もし関節炎になれば健康的な猫よりも動くことができないので、肥満が加速する可能性もあります。

運動不足は肥満へ繋がるだけでなく猫にストレスを与える可能性もあります。人間でもストレスが溜まり過ぎることで精神的な負担を負う人も多くいますから、猫においてもストレスが原因で病気に発展する可能性もあります。もし健康的な生活をして欲しいと考える飼主さんは猫が運動ができる環境をつくりましょう。

 

ペットフードも猫の健康に影響を与える

食事から栄養素を体の中に吸収することになります。そのため、人間だけでなく猫にとっても食事は健康に暮らすために重要な要素の一つです。基本的に猫の食事はペットフードです。現在ではペットフードは様々な場所で売られています。例えば通販サイトやペット専門ショップなどです。また、ペットフードの種類に関してもとても多くなっています。そのため、もし間違えたペットフードを選択すると長期間それを食べ続けることで健康に影響を及ぼす可能性があります。

例えば穀物が使用されているタイプのペットフードです。猫の中には穀物に対してアレルギー反応を引き起こす可能性も高く、実際にアレルギーに対して悩みを抱いている飼主さんは少なくありません。もしアレルギーなりその症状が重度であれば下痢や嘔吐などの原因になります。できるだけ穀物不使用のキャットフードを選ぶことにしましょう。

またペットフードは人間が食べる食品のように基準が高くはありません。そのため、ペットフードには添加物が含まれているタイプの商品もあります。例えば添加物には着色料や酸化防止剤などが挙げられます。この添加物を長い期間摂取し続けるとその分、体に与える影響が大きいため無添加のものを避けて購入をすることで猫の健康的な生活をサポートできる可能性があります。